茨城県庁から車で6分の整体は「ふじ鍼灸整骨院」

肩こりは〝肩甲骨〟が原因です。

デスクワークの方や運転の多い方は1度は肩こりを経験していると思います。肩こりはずっと同じ姿勢でいることにより筋肉がどんどん硬くなってしまい起こります。その結果、血流が悪くなり痛み・だるさ・重たさを感じます。

肩こりを改善させるには、固まっている筋肉を動かしてあげるのが一番です。では、どこを動かせばいいのか?答えは『肩甲骨』です。なぜ肩甲骨かというと、肩甲骨は首・背中の骨、腕の骨とつながっているからです。肩甲骨を動かせることができれば肩こりも解消されていきます。

肩こりは放置していると〝頭痛〟を引き起こしたり、最悪の場合はヘルニアの原因にもなり神経痛が出てしまいます。これらの症状は一度出てしまうと、改善するのに時間がかかります。そうならないためにも今のうちに予防をしていきましょう!

今回は肩甲骨が使えるようになるエクササイズを2種類です。

まず意識する場所は〝背中〟です。

一つ目は両手を上げて手を合わせます。そこから手のひらを外に向けながら肘を曲げて腕を降ろしていきます。降ろしたら5秒キープして、そこから腕を最初の手を合わせた状態に戻してください。これを5〜10回繰り返してください。

二つ目は手のひらを上に向けたまま背中(肩甲骨)を寄せてください。この時に肘が曲がらないように写真の角度までにしてください。10秒キープを3〜5回行ってください。

肩甲骨のエクササイズは疲れるくらいやってもらって構いません。万が一これで筋肉痛になる場合はそれだけ筋肉が使えていない証拠になります。エクササイズが必要なカラダです。

ぜひ、お試しを!!