茨城県庁から車で6分の整体は「ふじ鍼灸整骨院」

体の歪み【原因編】

本日のブログのテーマは

〝体の歪み【原因】〟についてです。

 

体の歪みの原因

体は『筋肉』により支えられています。前後・左右での筋肉のバランスが崩れると、体が歪み「痛み」「しびれ」などの体の不調を引き起こします。

 

①足指の長さ

足を伸ばして、床に座ってみてください。左右の親指のどちらかが長くなっている方は体に歪みが生じている可能性があります。

親指が長くなっている方は、普段から親指側に負担が強くかかっており扁平足(へんぺいそく)外反母趾(がいはんぼし)が見られることも多いです。

長い指の特徴はももの前がの筋肉に負担が強くかかっており、反対側の方はももの後ろ側の筋肉に強い負担がかかっています。

 

②骨盤(お尻)の位置

立っている状態で後ろから見た時にお尻が左右にどちらかに出ていることがあります。これは骨盤を支える筋肉が左右でバランスを崩している証拠であり、骨盤が歪んでいる可能性があります。

骨盤(=お尻)が出ている方は出ている側の内側と外側のももの筋肉と反対側のももの前側の筋肉が関係しています。

 

③背中(背骨)の盛り上がり 側弯

立っている状態で後ろから背中を見た時に背中の筋肉の盛り上がりに左右差がある場合は背骨に歪みが起きている可能性があります。その他にも左右のくびれの差でも確認できます。

左右の背中の筋肉のバランス、股関節を動かす筋肉、肩甲骨を支える筋肉などが関係してきます。

体の歪みとは骨が歪んでいるのではなく、骨が本来ある正しい位置からずれることを指します。骨が歪んでいる場合は「変形」と言います。

歪みを作り出している原因は筋肉にあります。その筋肉のバランスを整えることで体の歪みは改善されます。

 

次回は歪むとなぜ「痛み」「しびれ」が起こるのかをお話していきます。

 

ふじ鍼灸整骨院
〒310−0852
茨城県水戸市笠原町1188−15
TEL:029−210−1240
MAIL:info@fuji-shinkyu.com

  ⬅︎ここをクリック

水戸市で鍼灸院・整骨院をお探しの方はふじ鍼灸院までご連絡ください。