茨城県庁から車で6分の整体は「ふじ鍼灸整骨院」

鍼(はり)・灸(きゅう)施術について

●はりの強み

はりの一番の強みは原因部分に直接刺激をあたえられるところです。表層部分に痛みの原因があれば手技(マッサージ等)で十分です。ですが、みなさんが長年悩んでいるものは深層部に多く見られます(手では届かない部分)。

慢性的なものに、はりは効果が出やすいです。

→『肩こり』『腰痛』『ひざ痛』『坐骨神経』『スポーツ障害』など…

また、自律神経を調整するにも適しており、リラックス状態(副交感神経優位)にもっていきます。

→『頭痛』『不眠』『目の疲れ』『疲労回復』など…

 

●きゅうの強み

温熱の刺激をカラダにあたえれるところです。人のカラダは温まることで代謝が上がり様々なカラダに良い反応が起こります。きゅうの刺激はただ温めるより深いところに温熱が加わります。

→『冷え』『胃腸の弱り』『不眠』『疲労回復』

 

ふじ鍼灸整骨院でのはり・きゅうの施術は、ツボ(経穴)と筋肉を狙って行いますが、ただ症状のある場所にやるだけではありません。しっかりと原因部分を見つけ、そこに刺激を加えて、根本からケアをする施術を行います。

 

【はり・きゅうに恐怖感を持たれている方へ】

〝痛いはり〟〝熱い灸〟は嫌な方には致しません。患者さんとお話をして、どうゆう施術をするのかを決めていきます。

※はりは痛みが出にくい、はり先が丸みを帯びたものを使っています。

※きゅうは直接乗せるのではなく、間に台紙をはさんだものを使います。

みなさんが受けやすいように配慮をしています。