茨城県庁から車で6分の整体は「ふじ鍼灸整骨院」

〝野球肩〟〝野球肘〟について

野球を頑張ってやっていると、悩まされる

ことが多い〝肩〟〝肘〟の痛みです。

(俗にいう、『野球肩』『野球肘』です。)

 

この〝肩〟〝肘〟の痛みについて、

正しい知識をお伝えしたいと思います。

【野球肩・野球肘が起こる原因】

速い球を投げるには背骨や下半身を安定させ

る必要があります。安定していないのに強い

球を投げる子は肩・肘の筋肉でそれを補って

います。

これが野球肩・野球肘が起こる原因です。

 

【なぜ検査しても、異常がないのか?】

病院で検査をしてもらって、何も異常がない

のに痛みがある。よく聴く症状です。

このほとんどは〝肩〟〝肘〟よりも違う場所

原因があるからです。

 

【原因はどこにあるのか?】

塁間までは投げられるけど、それ以上は

〝痛い〟なんて経験ありませんか?

それは塁間以上の距離を投げるときに、

股関節や背筋部分を使用しているからです。

上記の筋肉や関節が正常に働いていない為

〝肩〟〝肘〟に負担をかけて痛みが発生しま

す。この野球肩・野球肘を改善させるには

まずどこの柔軟性がないのかを確認すること

と力が入っていない場所を見つけることが大

切になります。これがわからなければ、痛い

ところを施術していても変わりません。

何ヶ月もノースローをする必要はありません。

 

私の経験上は、股関節周りの筋肉と

(腸腰筋、内転筋、ハムストリングスなど)

胸、背中の筋肉に異常があることが多いで

す。(小胸筋、前鋸筋、菱形筋など)

 

私は高校時代に肘の痛みで悩まされ、

苦しんだ経験があります。

電気、マッサージ、はり、テーピング

あらゆることを試しましたが

改善しませんでした。今、考えれば、

その理由も納得できます。

私がこの職業についたのも、こういった

自分の経験があり、同じ思いをしている

選手たちの力になりたいからでした。

〝野球肩〟〝野球肘〟でお悩みの方は

ふじ鍼灸整骨院までご連絡ください。

 

一緒に原因を探して、1日でもはやく

全力で野球ができる身体を作りましょう。