茨城県庁から車で6分の整体は「ふじ鍼灸整骨院」

温・冷湿布の使い分け

こんにちは。

ふじ鍼灸整骨院の藤崎裕太です。

 

本日は〝温湿布・冷湿布の使い分け〟に

ついてです。

冷湿布は怪我などをして、患部に強い痛みが

生じた時に貼ることをオススメします。

例:捻挫、肉離れ、打撲、運動後の痛みなど

 

温湿布は慢性的な痛みやコリなどがある時に

貼ることをオススメします。

例:肩こり、腰痛、慢性的な関節痛など

 

自身の症状に合わせて湿布を使い分けましょ

う!湿布でかぶれやすい方は長時間の使用は

避けてください。

 

水戸市・ひたちなか市で

身体の不調でお困りの方は

ふじ鍼灸整骨院までご連絡ください。

皆様のお役に立てるよう施術させて

いただきます