茨城県庁から車で6分の整体は「ふじ鍼灸整骨院」

坐骨神経痛の“改善するもの・しないもの”

こんにちは。

ふじ鍼灸整骨院の藤崎裕太です。

 

“坐骨神経痛で改善するもの・しないもの”

 

坐骨神経痛と聞くと改善に時間がかかるもの

というイメージがありますが、原因によって

異なります。今回は坐骨神経痛の原因から、

改善に向けての流れを記載していきます。

 

【坐骨神経痛の原因】

①筋肉・骨格の異常

②組織の異常(例:椎間板ヘルニア)

③骨の異常(例:脊柱管狭窄症)

よく見られるのが、この3つです。

 

【坐骨神経痛で痛みが出る場所】

・腰

・もも後面

・ふくらはぎ、スネ

・足裏

【改善できるもの】

①筋肉・骨格の異常に対しては施術により改善

の見込みがあります。この場合は筋肉が硬くな

ってしまい、坐骨神経を圧迫してしまい、坐骨

神経のラインに痛みやしびれが出ます。

 

【改善できないもの】

②組織の異常③骨の異常に対しては、症状の

度合いによっては改善できません。特に脊柱管

狭窄症の場合は難しい場合が多いです。椎間板

ヘルニアは椎間板に、脊柱管狭窄症は背骨に坐

骨神経が圧迫されて起こります。この場合は、

手術の適応範囲になります。

 

【坐骨神経痛が出てしまったら】

安静にしていても痛みがあったり、歩行に異

常をきたしたら、必ず病院へ行ってください

。レントゲンでの検査だけでは判断はできな

いので必ずMRIやCTなどを受けてください。

 

【ご自身でセルフケア方法は逆効果!?】

一度、坐骨神経痛が出てしまうとご自身での

ケアでは改善は難しいです。症状が出る前に

行う必要があります。良かれと思って、セル

フケアを行うとかえって症状が悪化すること

がありますので、事前に医療期間や整骨院で

相談してから行ってください。

 

坐骨神経痛は一度出てしまうと、ご自身の力

では改善が難しいので、出る前に防げるよう

に健康な身体づくりをしていきましょう!

 

ふじ鍼灸整骨院

〒310−0852

茨城県水戸市笠原町1188−15

TEL:029−210−1240

MAIL:info@fuji-shinkyu.com

水戸・ひたちなか・茨城町で痛みの改善を

一番に考えた、鍼灸整骨院です。